危険性&注意点

クレジットカード現金化を疑われたときの5つの対処法をご紹介!

クレジットカード現金化を疑われたらどうする?5つの対処法を解説!

「今すぐ現金が必要!」という状況で、借り入れなどの資金調達が難しい場合でも、クレジットカードのショッピング枠を利用すれば現金が手に入ります。

しかし、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で禁止されているため、バレてしまうと強制退会や一括請求などの事態にもなりかねません。

カード会社としても、現金化をさせないために常に目を光らせているため、現金化が疑われる場合は利用者まで連絡が来ることもあります。

とはいえ、こういった場合でも焦らず対処すれば、最悪の事態は避けられます。

そこでこちらの記事で、クレジットカード現金化が疑われたときの対処法をみていきましょう。

カード会社が現金化疑うキッカケと質問されること

カード会社が現金化疑うキッカケと質問されること

クレジットカードの利用者目線から見てみると、「カード会社はどうやって現金化を疑っているのか?どのような連絡をしてくるのか?」といったことを理解しておき、カード会社の行動に合わせて対策することが重要です。

特に疑われやすいパターンは、キャッシング枠が残りわずかの状態で換金性の高い商品を購入するなど、現金化利用者にありがちな取引はシステムで監視されています。

このような取引をシステムが感知すると、利用者に信用がない場合は利用者に直接電話をかけて状況を確認してくるんです。

カード会社のオペレーターからは、つぎのような質問が多くされるでしょう。

  • 只今ご購入された商品は、ご本人がご購入したものでしょうか?
  • どのような商品をご購入されたか詳しく教えていただけますか?
  • どういった目的でそちらの商品をご購入されましたでしょうか?

カード会社はこのときに必ずしも現金化を疑っているわけではなく、他人による不正利用を疑って利用者に確認の電話が来ることも少なくありません。

そのためまずカード会社は、不正利用の可能性を探った上で、現金化によくある行動パターンを洗い出してきます。

そもそも、現金化目的で商品を購入するときは、利用者は商品には興味がなく購入目的もないため、上記のような質問を投げかけてくるんです。

以上でご紹介したような質問をされたときは、カード会社に現金化を疑われていると考えた方がいいでしょう。

それでは次に、カード会社からの電話連絡に対する対処法についてみていきましょう。

クレジットカード現金化を疑われたときの5つの対処法

クレジットカード現金化を疑われたときの5つの対処法

クレジットカード会社に疑われたときの対処法にはポイントがあるので、こちらでみていきましょう。

カード会社からの電話連絡はきちんと対応する

クレジットカード現金化をしている手前、カード会社からの電話には出たくない方がほとんどではないでしょうか?

カード会社からの連絡が単純に利用枠増加の勧誘やランクアップ等の連絡の場合もありますが、カード会社からの連絡が良い知らせであることはほとんどないでしょう。

気持ち的には知らん顔をしてやり過ごしたいところですが、カード会社からの連絡を無視していいことはありません。

他人による不正利用を疑って連絡してきたならまだしも、現金化を疑って電話をしてきたのであれば、利用者が対応しないことでますます怪しまれます。

また、最悪の場合はカード会社側の判断でカード利用停止処分になってしまうこともあるでしょう。

1回目の電話に出れなかったとしても、気持ちを落ち着けてから折り返し連絡することをおすすめします。

とはいえ、電話対応にもコツがあるので、これからご紹介する方法を参考にしてみてください。

現金化という単語は出してはいけない

一番大切なポイントは、自分から「現金化」という単語を出さないことです。

カード会社としてもあくまでも疑っている段階なので、確証はありません。

その時点で自分から「現金化」の単語を出してしまうと必ず怪しまれるので、もう取り返しが付かなくなってしまいます。

間違っても「わたしは、現金化などしていません。」などと言わないようにしてください。

そもそも普通にショッピング枠を利用している人は、現金化という言葉すら知らないので、現金化という言葉が出てくるだけで怪しまれてしまいます。

もしもカード会社が「現金化目的のご利用ではございませんか?」などと誘導尋問してきても、「現金化とはなんでしょうか?」とあくまでも知らないふりを貫きましょう。

商品を購入したことは認めてもいい

カード会社からの連絡に戸惑ってしまい、「こちらの商品はあなたが購入したものでしょうか?」と聞かれたときに、「違います」などと返さないように気をつけてください。

もしも商品の購入を認めないと、他人による不正利用の疑いがかかりカード利用停止になってしまうでしょう。

そのため、購入したことは認めつつも、現金化目的ではないことを説明した上でカード会社の理解を得る必要があります。

商品の購入目的を考えておく

「この商品の購入目的はなんですか?」と聞かれたときの説明としてあらかじめ言い訳を考えておきましょう。

たとえば、「友人へのプレゼント用に購入した」などと説明できれば問題ないでしょう。

家族へのプレゼントという言い訳もありますが、そうなるとプレゼントした商品は自宅で保管している可能性が高いため、商品の詳細について深く聞かれてしまう可能性があります。

そのため、準備する言い訳は友人へのプレゼントなど手元にもう商品がないような言い訳を考えておけば安全です。

とはいえ、自分が購入した商品についてなにも知らないのは明らかにおかしいので、商品の詳細は可能な限りメモに残しておくといいでしょう。

一度疑われたら連続で現金化しない

一度でも現金化を疑われたら、カード会社からの監視もいつも以上に厳しくなります。

また同じようなカード利用があれば、今度は連絡もなくカード利用停止になってしまう可能性もあるので、疑われたらしばらく現金化を控えるのが無難です。

クレジットカード現金化を疑われないようにするには?

クレジットカード現金化を疑われないようにするには?

もしも、一度でも現金化を疑われたら、カード会社からの信用は悪くなっていると考えた方が自然です。

そもそも、現金化はリスクもある方法ではありますが、可能な限りカード会社に疑われないための工夫は必要です。

そのため、クレジットカード現金化する際は、以下の点に気をつけてください。

購入する商品に気をつける

自分でする現金化や商品買取方式の現金化では、少しでも高く現金化するために、換金性の高い商品を購入することになります。

しかし、カード会社は高換金率商品の購入に目を光らせているため、換金性の高い商品が連続で購入された場合は、間違いなく現金化を疑われるでしょう。

そのため、換金性が高い商品を購入するならば個数を少なくして、連続で決済しないようにご注意ください。

新幹線回数券は自然な形で購入する

クレジットカード現金化に利用されやすい新幹線回数券は、自分が住んでいる地域から使えるものを購入しましょう。

なぜなら、自分とはまったく関係のないエリアの新幹線回数券を購入してしまうと、何のために購入したのか言い訳しずらいからです。

そのため、新幹線回数券は自分の住んでいるエリアから使えるものにしましょう。

キャッシュバック方式の業者を利用する

商品を転売する商品買取方式は換金率が良い一方で、どうしてもカード会社に疑われやすい傾向にあります。

そのため、安全性を重視するならばキャッシュバック方式の業者を利用しましょう。

キャッシュバック方式の業者ならば、換金性の高い商品を購入しないので、カード会社から目を付けられるリスクもありません。

キャッシング枠を空けておく

クレジットカード現金化を疑われないためにも、できることならばキャッシング枠に余裕を持たせることが理想です。

カード会社が目を付けている人の多くは、キャッシング枠を限界まで使い切っている人が多いため、このような状態にならないように日頃から気をつけておくと、多少クレジットカード現金化しても疑われにくくなります。

まとめ

まとめ

この記事では、クレジットカード現金化を疑われたときの対処法について見てきました。

もしも、クレジットカード現金化が疑われても、一度であれば今回ご紹介した内容を実践することでカード会社への疑いも晴れるかもしれません。

とはいえ、何度もこの「疑われたときの方法」は通用しませんので、出来る限り専門の優良店に依頼するのが無難です。

カード会社に疑われないように現金化するなら、シークレットのように安全な優良店で現金化するのが理想的でしょう。

シークレットであれば、創業以来カードトラブルもありませんので、カード会社に疑われることもありませんよ!

もしも、カード会社へ疑われるのがご不安な方は、シークレットまでご相談してみてはいかがでしょうか?

\無料相談・無料見積り実施中!/