よくある質問

クレジットカード現金化は少額でもできる?2つのメリットと5つの注意点を解説!

現金が必要になる状況は、人それぞれ異なります。

必要以上にショッピング枠を現金化したくない方はもちろん、リスクを避けるために少額でクレジットカード現金化したいという方も多いのではないでしょうか?

そこでこちらでは、クレジットカード現金化を少額でやる方法やメリット、そして注意点まで詳しく解説しています。

クレジットカード現金化は少額でもできるのか?

クレジットカード現金化は少額でもできるのか?

少額でのクレジットカード現金化は可能ではあるものの、利用者の希望通りの金額指定はできないことが多いでしょう。

なぜなら、現金化業者の多くは最低利用金額があるほか、数千円単位での金額指定が出来ないからです。

具体的な最低利用金額は、少なくとも「1万円~」といった料金設定になっています。

また、中には「3万円~」、「5万円~」といった業者も少なくありません。

そのため、少額とはいえ最低ラインは「1万円~」ということを理解しておきましょう。

また、1万円未満の細かい金額設定は対応してもらえないことがほとんどですので、この点についてもお忘れないようご注意ください。

クレジットカード現金化を少額でする2つのメリット

クレジットカード現金化を少額でするメリット

クレジットカード現金化を少額ですることは、つぎのようなメリットがあります。

カード会社に疑われるリスクが少ない

クレジットカード現金化はほとんどの場合、なるべく手元に多くの現金を残すために高額の商品で現金化します。

このような高額商品の決済はカード会社も疑いやすい条件となっているため、もしもバレてしまうとカード利用停止や一括請求となる場合も少なくありません。

しかし、少額でのクレジットカード現金化ではカード会社も疑いにくいため、カード会社にバレずに安全に取引できます。

カードを作りたての人でも現金化できる

クレジットカードを作ったばかりの人はもちろん、カードの利用が少ない人や収入が少ない人は、ショッピング枠が少ない場合がほとんどでしょう。

しかし、少額のクレジットカード現金化ならば、このような少ないショッピング枠でも現金化可能です。

クレジットカード現金化を少額でするときの5つの注意点

クレジットカード現金化を少額でするときの5つの注意点

クレジットカード現金化を少額でするときは、基本的にはカード会社に疑われにくく安全です。

とはいえ、注意点やポイントも少なからずありますので、以下で確認していきましょう。

続けて同じ商品を購入するのは危険

少額のクレジットカード現金化はカード会社に疑われにくいとはいえ、何度も同じ商品を購入するとさすがにカード会社も疑います。

カード会社は高額な商品の購入を疑いやすいだけでなく、連続した決済など不審なカード利用に対しても反応するからです。

このように高額・少額にかかわらず連続して同じ商品を購入した場合でも、カード会社は疑ってくることをお忘れないようにしてくださいね。

短期間で何度も現金化してはならない

クレジットカード現金化を短期間で何度もした場合も、たとえ少額であっても疑われてしまうでしょう。

また、たとえ種類の異なる商品でも現金化に利用されやすい商品を短期間で何度も購入すると、カード会社もさすがに気付きます。

そもそもクレジットカード現金化そのものがリスクが高いので、一度現金化したらしばらくは控えた方が無難でしょう。

カード会社からの信用がまだ少ない人は注意

クレジットカードの利用実績が少ない方やカードを作ったばかりの方は、カード会社からの信用がそこまで高くありません。

カードを作ってから何年も経っている場合や信用実績のある方ならまだしも、カード会社からの信用が低い方はたとえ少額の現金化でも怪しまれることがあります。

そのため、カード利用実績の少ない方は、カード会社に疑われやすいことを認識した上で、少額にすることはもちろん、何度も現金化しないようにしましょう。

受け取れる現金が少なくなることがある

クレジットカード現金化を少額でやる場合は、最終的に受け取れる現金がわずかになる可能性もあります。

なぜなら、高額の商品では換金率が高くなりますが、少額の商品では換金率が下がってしまうため、手元に残る金額は少なくなってしまうからです。

仮に1万円を現金化した場合の相場は、60%~70%ほどに収まってしまうので、損だと感じる方が少なくありません。

このように少額では換金率が低くなることが多いため、最終的な入金額に納得できるか十分に検討する必要があるでしょう。

換金率UPの勧誘には乗らないほうが無難

前述したように、少額でクレジットカード現金化する場合は、換金率が悪くなることが少なくありません。

この場合は、利用者の満足感が低くなってしまうだけでなく、業者の利益も下がってしまいます。

そこで現金化業者は、「もう少し高額で現金化していただければ換金率をUPしてご案内しますよ」などと勧誘してくることがあります。

一見すると魅力的な勧誘ですが、あとで高額利用の返済をしなければならないのは利用者です。

返済計画がないまま高額利用してしまった結果、返済ができなくなりカード利用停止などの最悪な事態を防ぐためにも、身の丈に合わない勧誘には応じないことが無難でしょう。

少額の現金化は換金率で損しないように注意しよう!

少額の現金化は換金率で損しないように注意しよう!

この記事では、クレジットカード現金化を少額でやる方法や注意点について解説してきました。

クレジットカード現金化では、利用者側が好きな利用金額を指定できるわけではなく、あくまでも業者側が指定した金額の中で取引するしかありません。

したがって、少額でクレジットカード現金化するなら、少額に対応している業者を探す必要がありますが、最低でも「1万円~」しかできないことは忘れないようにしましょう。

また、少額のクレジットカード現金化はカード会社に疑われにくいものの、方法によっては怪しまれることもあるので、やはり慎重に行うに越したことはありません。

少額では換金率が低くなる点も忘れずに、最終的な入金額がいくらになるか考えて現金化することが重要ですね。