よくある質問

クレジットカード現金化は他人名義・家族名義でもできるのか?家族カードが使えるかも解説!

クレジットカード現金化は他人名義や家族名義でもできるのか?徹底解説!

本来クレジットカードは、利用者本人に経済的な信用がないと持てません。

とはいえ、中には親名義のカードを預かっていたり、旦那名義のカードを利用している方もいらっしゃると思います。

このような他人名義のカード所有は、一般的なショッピングをする上では問題ありません。

しかしながら、クレジットカード現金化するとなると話が違います。

そこでこちらでは、クレジットカード現金化で他人名義・家族名義のカードが使えるのか詳しく解説していきますね。

親や旦那など家族名義のクレジットカードなら現金化可能?

親や旦那など家族名義のクレジットカードなら現金化可能?

「いつも旦那名義のカードでショッピングしている」といった主婦の方も多いのではないでしょうか?

通常のショッピングにおいては、所有者からの承諾を得ている場合はなんの問題もありません。

しかし、クレジットカード現金化の場合はやり方次第ではできるというのが結論です。

最も可能性が高い方法は、業者を使わない自分でするクレジットカード現金化でしょう。

なぜなら、業者を使わない自分でするクレジットカード現金化は、高く売れそうな商品を探して買取ショップに持って行くだけなので、通常のショッピングの仕組みと全く変わらないからです。

ただし、問題となってくることは「安全に現金化できるかどうか?」ということでしょう。

もしも、自分だけでクレジットカード現金化を行う場合は、新幹線回数券やamazonギフト券などの換金率の高い商品で現金化します。

このような高換金率商品は現金が手元に多く残ることから、魅力的である一方、カード会社に疑われやすく危険な方法です。

一方で、クレジットカード現金化業者を利用する場合は、業者によって対応しているところと対応していないところがあります。

ただし、ほとんどの業者が家族名義のカード利用を嫌がるでしょう。

なぜなら、たとえカード名義人の許可を得て現金化したとしても、本当にカード名義人の許可を得ているか確かめるのは困難だからです。

業者としても、クレジットカードの不正利用に加担してしまうことになりかねないので、出来れば家族名義のカードでは現金化してほしくないのでしょう。

とはいえ、中にはカード名義人である家族に連絡を取り、カード使用の許可が確認できれば利用できる業者もいます。

また、他にもカード所有者の身分確認だけで利用できる業者もいるので、家族名義のカードが使えるかどうかは完全に業者によるといえるでしょう。

ただ、仮に現金化業者との取引ができたとしても、別の問題が2つ出てきます。

ひとつめは、もしもカード名義人の許可を得ずに現金化してしまった場合は、あとで名義人とのトラブルになることは避けられないことです。

もうひとつは、カード名義人にバレずに現金化できたとしても、カードの利用明細には履歴が残るので、最終的にはバレてしまう可能性が高いです。

さらに、業者から現金が振り込まれる口座は、カード名義人の口座になるため、どのように現金を引き出すかも問題になってくるでしょう。

カード名義人のフリをして現金化することは出来るか?

カード名義人のフリをして現金化することは出来るか?

クレジットカード名義人のフリをして現金化することは、明らかな詐欺行為になるのでやめておきましょう。

ただし、カード所有者の身分確認を全く行わないような業者では、カード名義人のフリでも現金化できてしまうかもしれません。

しかし、ほとんどの業者で身分証とともに本人が写っている写真が必要になりますので、名義人になりすますのは限りなく不可能に近いといえます。

そもそも、身分証による本人確認を行わないような業者は信用できませんが、利用者も名義人のフリをするような行為はおすすめできません。

家族名義は難しくても家族カードなら現金化できる?

家族名義のカードは難しくても、家族カードなら現金化できるケースが多いでしょう。

家族カードとは、クレジットカード名義人の家族に発行されるカードのことで、家族全員でショッピング枠を共有しています。

カード名義人の家族は、それぞれ個人の名義でカードを持つことが可能です。

そのため、現金化を行うときにも自分の身分証明書での取引が可能になるというわけです。

とはいえ、ショッピングの履歴は本カード所有者に送られるため、明細が届いたときに家族にバレてしまうリスクはあります。

また、もしカード会社にバレてしまうと、家族全員のカードが利用停止になってしまうリスクがあることもお忘れないようにしてください。

友人・知人の他人名義のクレジットカードは現金化できるか?

友人・知人の他人名義のクレジットカードは現金化できるか?

家族ではなく、友人や知人のクレジットカードは現金化できるのでしょうか?

結論としては、現金化業者を利用する場合は不可能でしょう。

たとえ、友人・知人の許可を得て現金化しようとしても、現金化業者は許可を得て利用しようとしてることを確認できません。

また、利用者が「許可を得て借りてきたカードです。」といっても、後からカード名義人に「許可した覚えはありません」と言われてしまったら、その取引は無効になってしまう可能性があります。

このように業者にとってカード不正利用のリスクがある取引のため、友人・知人に借りたカードで現金化できることはないと考えるのが自然です。

一方で業者を使わないで自分でする現金化の場合はどうでしょうか?

業者を使わないでする場合は、友人・知人の許可を得ていれば可能です。

ショッピングにさえ成功すれば、あとは買取ショップに持ち込んで売却するだけなので、なんの問題もありません。

ただし、もしも友人・知人の許可なくカードを利用した場合は、当然罪に問われますので、必ず許可を取ってからにしましょう。

とはいえ、友人・知人が現金化のためにカードを貸してくれることはほぼないと考えた方が自然ですね。

未成年はクレジットカード現金化できるのか?

未成年はクレジットカード現金化できるのか?

未成年のクレジットカード現金化は、いままでご紹介したパターンよりもさらに難しいといえます。

クレジットカード現金化業者を使うにしても使わないにしても、未成年者の現金化はまず無理でしょう。

そもそも、未成年者がクレジットカードを作るには親権者の同意が必要になります。

また、親のカードを使って商品を転売するにしても、売却の際には親の承諾が必要になるため、未成年者だけで現金化するのは難しいです。

親の許可があれば可能とはいえ、子供に現金化させるような親はまずいないでしょう。

キャッシュバック方式であれば、親になりすまして現金化できる可能性もありますが、最終的に振り込まれるのは親の口座になりますので、なかなか難しいといえます。

結論としては、未成年者による現金化はほぼ不可能といえますね。

まとめ

まとめ

この記事では、クレジットカード現金化は家族名義や他人名義でもできるか?を中心に解説してきました。

結論としては、家族名義のクレジットカードは現金化業者を使わない方法であれば、現金化可能です。

ただし、家族にバレるリスクを忘れてはいけません。

クレジットカード現金化業者を利用する場合は、家族名義のカードに対応している業者もあるとはいえ、ほとんどの業者で断られてしまうでしょう。

また、もしも業者で現金化できたとしても、名義人の口座に振り込まれるため、引き出すときのハードルが高いといえます。

仮に家族カードがあれば、多少は可能性もありますが、カード会社にバレてしまうと家族全員のカードが利用停止になってしまうことをお忘れないようにご注意ください。

また、友人・知人のカードでの現金化は不可能ですので、名義人の断りなく現金化するのは絶対にやめましょう。