危険性&注意点

クレジットカード現金化の悪質業者の詐欺手口と対処法をセットで解説!

クレジットカード現金化の悪質業者はどんな詐欺手口?対処法も徹底解説!

クレジットカード現金化についてのリスクが語られるときは、2つの側面があります。

ひとつめは、クレジットカード現金化はカード会社の規約違反であるため、利用停止のリスクがあることです。

そしてふたつめは、今回ご紹介するようなクレジットカード現金化で悪質業者を利用してしまったときのリスクになります。

ウェブのみで完結するクレジットカード現金化は便利な一方で、悪質業者にあたってしまうと、詐欺に遭ってしまう可能性がないわけではありません。

そこでこの記事では、クレジットカード現金化の悪質業者によくある詐欺のパターンと対処法について解説していきます。

クレジットカード現金化の悪質業者によくある詐欺とは?

クレジットカード現金化の悪質業者によくある詐欺とは?

まずはじめに、クレジットカード現金化の悪質業者にありがちな詐欺のパターンについてみていきましょう。

購入代金を持ち逃げされる

クレジットカード現金化の悪質業者によくある詐欺パターンのひとつが、購入代金の持ち逃げです。

クレジットカード現金化には2つの仕組みがありますが、どちらの仕組みにせよ購入代金の持ち逃げは起こり得ます。

まず商品を転売する商品買取方式では、商品の購入のために先に支払いを済ませますが、この支払い代金を持ち逃げするパターンです。

商品購入のお礼として現金をキャッシュバックしてもらうキャッシュバック方式では、商品購入後にキャッシュバックを受けられずに代金を持ち逃げされてしまうという形になります。

クレジットカード情報を悪用される

クレジットカード現金化の悪質業者にカード情報を盗まれて悪用されることもあります。

たとえば、手続きに必要だからといった理由でセキュリティコード聞き出してくることも少なくありません。

さらに、商品購入を代行するなどといった理由で暗証番号を要求してくることもあるでしょう。

自分自身で業者のサイトから購入する分には良いですが、セキュリティーコードや暗証番号を業者に教える必要はありませんので、くれぐれもご注意くださいね。

また、直接業者にカード情報を教えてなくても業者から紹介されたページが暗号化されてないといったことが原因でカード情報が盗まれてしまうこともあります。

そのため、業者のサイトから商品を購入するときには、安全に購入できるよう暗号化されているサイトかどうかも確認しましょう。

暗号化されているサイトは、「http」ではなく、「https」で始まっていますので、こちらについても注目してみてくださいね。

実際の入金額が少なくなる

クレジットカード現金化の取引では、換金率とは別にかかる手数料の金額も合意の上で現金が振り込まれるのが普通です。

しかしながら、悪質なクレジットカード現金化は手数料については特に触れないまま契約させることがあります。

たとえば、契約時は手数料について説明がなかったにもかかわらず、実際にキャッシュバックをするときには手数料込みの入金額を振り込んでくるんです。

業者に問い合わせたとしても、「利用規約に書いてある」の一点張りで最終的には利用者が泣き寝入りしてしまうパターンも少なくありません。

個人情報を悪用される

クレジットカード現金化の悪質業者は、個人情報を悪用してくることもあります。

なぜなら、利用者の名前や住所や勤め先などの個人情報を入手することで、いくらでも悪用できるからです。

また、クレジットカード現金化にはごくまれに闇金業者が紛れ込んでいることもあります。

過去にあった事例では、利用者にショッピング枠の現金化ではなく、融資の勧誘を持ちかけて多額の利息を要求してくる闇金業者もいました。

他にはシンプルに個人情報を他の闇金業者に売られてしまったこともあります。

このように個人情報は一度悪質業者にわたってしまうと様々なトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

キャンセル料を請求してくる

初めてクレジットカード現金化するときなどは、わからないことも多いと思います。

そこで相談をするために業者に連絡してみたものの、換金率などに納得できず話を断ることもあるでしょう。

悪質業者はこのようなキャンセルをしたときに、説明するために使った時間や手間賃によるキャンセル料を要求してきます。

まだ個人情報を渡していない状態であれば無視できますが、先に個人情報を渡してしまっている場合は嫌がらせを受けることもあるでしょう。

悪質な現金化業者への5つの対処法

悪質な現金化業者への5つの対処法

それでは、悪質なクレジットカード現金化業者の被害に遭わないためには、どのようにすればいいのでしょうか?

会社情報を事前に確認する

まずは、利用するクレジットカード現金化業者の会社情報に注目しましょう。

なぜなら、悪質業者の多くは警察からの摘発を恐れて詳細な情報を載せていないことが多いからです。

たとえば、会社の所在地を記載していない、代表者名を公開していないといった場合は信用できるとは言いがたいでしょう。

これらの情報が確認出来ずに、連絡手段はメールのみといった業者はやましいことがある悪質業者の可能性が高いです。

そのため、会社情報が詳細に確認できない業者は避けるのが無難といえます。

口コミを調べておく

クレジットカード現金化業者も信用がないと利用者が集まらないので、老舗優良店には評判の良い口コミが集まります。

老舗優良店は今まで積み上げてきた信用があるため、利用者を陥れるような詐欺行為はしません。

しかしながら、悪質業者は口コミ評判が下がるとサイトを閉鎖して別の名前で業者を立ち上げます。

悪い評判が増えるたびにこのようなことを繰り返しているため、実績が短い上に口コミもありません。

したがって、良い口コミが見当たらない業者は避けておくのが安全といえます。

手数料込みの入金額を確認する

自分に必要な額の現金を調達するには、換金率の他にかかる手数料はないか確認することが必須です。

手数料はいくらかかるのか確認することはもちろん、「手数料の他にかかる料金はないか?」「実際の入金額はいくらになるのか?」きちんと確認しましょう。

こういった質問をしたときに答えをはぐらかしてくるような業者は怪しいので避けたほうがいいでしょう。

現金化業者の利用規約によく目を通す

クレジットカード現金化で業者から提示される利用規約を読まない方もいらっしゃいますが、これは危険すぎます。

もしも、利用規約を読んでいないと「利用規約を読んでいないあなたが悪い!」といった態度で出てくる悪質業者が多いため、明らかに不利です。

そのため、利用規約の中にトラブルにつながるようなことがないか事前に確認しておきましょう。

カード情報は教えない

セキュリティコードや暗証番号は業者に教えないようにしましょう。

また、決済ページが暗号化されているか「https」で始まっているかも確認してください。

もしも悪質業者の被害に遭ってしまったら?

もしも悪質業者の被害に遭ってしまったら?

クレジットカード現金化で悪質業者の被害に遭ってしまったときの対処法について解説します。

まず間違いなく言えることは、クレジットカード会社への相談はおすすめできません。

なぜなら、カード会社に相談するとなると現金化を認めたことになりますので、ペナルティを課されることになるからです。

具体的には、カードの利用停止はもちろんのこと、強制退会や最悪の場合は料金の一括請求などのペナルティに発展する可能性もあります。

とはいえ、現金化業者にカード情報を好き勝手使われているような状況では、もうカード会社に相談してカードを停めてもらうほかないでしょう。

カード会社へ報告する以外にも、警察へ相談するという手段もありますが、警察は個人の詐欺被害など規模の小さいものは取り扱ってくれない可能性が高いです。

警察よりもいくらか頼りになるのは、消費者センターでしょう。

個別のケースによるものの、業者への返金請求のやり方などアドバイスを受けることはできることが多いので、相談してみる価値はあるでしょう。

もしも、被害額が大きければ、弁護士に相談してみるのもひとつの手段です。

被害額が小さい場合は、弁護士費用の方が高くなってしまうので、おすすめできません。

いずれの相談先でも、手間がかかるわりに見返りが少ないため、結局は利用者が泣き寝入りしてしまうことが多いのが現状です。

やはり一番必要なのは、悪質業者を避けるための準備ですね。

クレジットカード現金化業者は利用する前に下調べを徹底しよう!

クレジットカード現金化は利用する前に下調べを徹底しよう!

この記事では、クレジットカード現金化に潜む悪質業者の詐欺パターンや、被害に遭わないための対処法を解説してきました。

悪質業者の手口は、複数あるとはいえ、信用できる安全な業者を選べばすべて回避できます。

そのため、クレジットカード現金化で悪質業者の被害に遭わないために重要なのは、安全に利用するための業者選びといえるでしょう。